年間10万円以上だと一部返金される高額医療費控除

出産をした年というのは、多くの人の場合、年間で10万円以上の支払いがあると思います。

 

そして、年間10万円以上の支払いがあった場合は、一部が返金される制度があります。
それが確定申告の時に行う高額医療費控除です。

 

高額医療費控除は、1年間の一世帯の医療費の支払いが10万円以上になった場合に、
確定申告で申請すると返金される制度なので、出産した年には必ず申告をしましょう!
多少でもお金が返ってきますので、非常に有難いです!

 

年間10万円以上の医療費というのは、なかなか普通の時にはあり得ませんので、出産の時は領収書などを取っておくようにしましょう。
出産の時だけではなく、妊婦健診でかかった時の請求書も全部まとめて残しておきましょう。
妊婦健診は産院によって、かなり料金が違ってきますので、高い場合は出来るだけ申告をした方が得です。

 

やはり妊娠中は何かと医療費がかかりますので、請求書はまとめておくようにしましょう。

 

私も確定申告の時に出来るだけすぐに申告ができるようにと、請求書をまとめておく習慣をつけました。
請求書はどこかに置いておくと、なくなってしまうことがありますので、ファイルなどに収納しておくと良いでしょう。
請求書を失くしてしまった場合は、産院に支払証明書を発行してもらう必要があります。
出来るだけ手間をかけたくないのであれば、やはり請求書をなくさないようにしておくのが大事になってきます。
確定申告は翌年に行うので、それまで失くさないようにしましょう。

 


出産費用が高額になる人

高額医療費控除は10万円以上の医療費で申告が出来ますが、出産費用で特に医療費が高額になるケースというのはどういう時でしょうか?

 

まず、帝王切開は勿論ですが、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)になった時にも、入院が必要になるケースがあるので医療費が非常に高くなります。
また、性病の治療をしている人も、薬を処方してもらったり、出産の時に抗生物質を投与しながらの出産になる可能性もあるので点滴代がかかります。
ちょっとした料金としては、平日に出産よりも、休日に出産した方が高くなります。

 

やはり妊娠中や出産後に特別な処置が発生した場合は、処置台がかかってしまうので、出来るだけ体調管理をしっかりするのが大事です。

 

特に産後は体調を崩しやすくなっているので、どうしても気分が悪い時などは、薬を処方してもらうこともできます。

 

子供が未熟児だった場合も、かなり高額になってしまう可能性がありますので、早産の可能性を高めるタバコなどは出来るだけ避けるようにしましょう。
未熟児の場合、やはり体重が戻って安全な状態になるまでは退院ができませんので、やはり一番気をつけたいです。

母子共に健康な状態で退院できることがやはり一番いいですね。

 

妊娠中に妊娠高血圧症候群にかかってしまう人は、妊娠後期に多くなってきますので、普段の食事や生活習慣に気をつけないといけません。
出来るだけ塩分が高い食事を避けて、急激な体重増加は避けるようにしましょう。