1児につき42万円

出産育児一時金は1児につき42万円が支給されます。
ただし、産科医療補償制度の対象外の場合は39万円です。

出産費用が出産育児一時金の支給額より少ない場合、その差額も支給されます。
多くの人が、出産育児一時金を利用して出産しており、かなりの出産費用が賄われます。

 

ただし、出産育児一時金を受け取るのが困難になるケースもあります。
それは健康保険の保険料を滞納している場合です。

サラリーマンであれば、通常は何もしなくても、保険料が天引きされているので、出産育児一時金を貰えないというケースは少ないのですが、問題になるのは夫婦揃って、国民健康保険に加入し自営などで保険料を滞納している場合です。

 

健康保険の税金を滞納している場合は、出産育児一時金が利用できないケースがあるので、一度自治体に相談に行くことをお勧めします。

自治体によっては、滞納している場合は、出産育児一時金を支給できないとしている所もあれば、これまでの出産育児一時金から滞納額を引いた金額だけを支給できるという所もあるようです。
税金を滞納している場合、出産の時にも大きな問題が生じてきますので、しっかり普段から滞納をしないように支払いをしましょう。
滞納があると、どうしても恥ずかしい気持ちからなかなか区役所へ相談をしにくい雰囲気がありますが、やはり出産育児一時金をどうしても利用したいのであれば、直接自治体の専門部署に聞きにいく以外に方法がありません。

 

出産育児一時金が受け取れなくて
出産費用が無い方は何とかしてお金を工面しないといけないわけですが、
金額が金額だけに身近な人に借りるのは難しいでしょうし、
借りに借りれたとしてもお金のやり取りは人間関係が壊れる原因にもなりますから、
やめておいた方が良いです。

 

大手のキャッシングに頼るのが無難でしょう。

 

キャッシングの中ではアコムが一番おすすめです!

 

 

即日融資してくれる!

 

お昼の2時までにお申込み完了でその日のうちに
銀行口座に振込してもらえます!

 

2時以降になってもATMに行けば、
お金を受け取ることができます!

 

アコムのATMは全国にありますし、
提携している
三菱東京UFJ銀行のATM
セブン銀行のATM
ローソンのATM
イオン銀行のATM
地方銀行のATM
でもお借入れができますので、
お金が受け取れない心配はありません。

 

50万円以下なら身分証だけ!

 

50万円以下の借入なら免許証やパスポート、健康保険証などの
身分証があれば借りることができます。
収入証明書をわざわざ準備する必要が無いので、
急ぎの時は大変助かります!

 

web完結できるから簡単!

 

web完結で申込みができるので、
窓口に行く必要が無いので、楽です!

 

誰かに会う心配もありませんしね。

 

 

金利 限度額
3,0%〜18.0% 800万円


窓口対応できない産院もあるので注意!

現在、出産育児一時金は、『直接支払制度』に対応している産院が多くなっています。

 

『直接支払制度』を利用すると、病院での会計の時に、窓口で出産育児一時金を引いた差額だけが請求されます。
用意する金額も、20万円〜30万円程度で済みますので、非常に負担が少なくなります。

ただし、これが直接支払制度に対応していない産院となると、窓口で全額支払いをする必要がありますので、100万円程度の準備金が必要になってきます。
直接支払制度を利用しない場合は、病院で会計をした後に、後日にお金を請求する形になります。
返ってくるお金は一緒ですが、退院の時にどれくらいのお金を準備するかが違ってきますので、お金に余裕がない人は、出産育児一時金の直接支払制度に対応している産院を選ぶのがおススメです。

 

前もってお金を準備できる人は、特に直接支払制度にこだわる必要がありません。

 

お金を退院までに準備が出来ず、直接支払制度も対応していない場合は、クレジットカード払いに対応している大きな病院が良いです。
小さな病院の場合は、なかなかクレジットカード払いに対応している所が少ないので、やはり総合病院などの方が便利です。

ただし、クレジットカードの支払いになっても、かなり高額の出費になりますので、
しっかりとクレジットカードに出産費用分の枠がないと利用できませんから、利用枠があることを確認しておきましょう。
また、病院にもクレジットカード払いが可能か、事前にチェックをしておくと良いでしょう。