肝心な出産費用はどうするの!?

一般的に、出産費用は60万円〜100万円前後になります。
普通分娩の人であれば、60万円〜80万円程度。
帝王切開であれば70万円〜100万円程度かかります。

 

同じ分娩費用でも、金額に差があるのは、投与される薬、入院中の『室料』やサービスの違いによってです。

 

個人産院で出産する方が、比較的に高額になりやすい傾向があり、総合病院などは安い傾向があります。

 

個人差院の場合は、個室が多く、室料が1日1万円〜3万円程度かかることも多いので、
相部屋が多い総合病院に比べて、入院費用が高くなるのが特徴です。

 

そのため、出産費用を安くしたいのであれば、相部屋利用が一番です。

 

個人産院の方が、ヘアカットのサービスがあったり、食事が美味しかったり、
何かと贅沢ができますが、それだけ出産費用もお金がかかります。

 

普通に産んでも、60万円程度かかるので、
出産育児一時金の援助・42万円を受けても、最低でも20万円前後が自腹になることが多いので、やはり貯金がない人や、お金に余裕がない場合は、出産費用を出来るだけ安くできる産院を選びましょう。

 

 

⇒今すぐお金を工面したい

 

 

ただし、いくら費用が安いと言っても、『助産院』の利用はよくよく考えましょう。

 

助産院は最近でも話題になりましたが、医療行為ができない施設の為、
よほど助産院と病院との連携が良く、適切な処置ができないと、出産で命を落とす可能性があります。

 

特に高齢出産で生む人や、体調的に問題がある人は、絶対に安さだけで産院を選んではいけません。

 

何かあった時に、助産院では適切な処置をしてもらえませんので、やはり出産をする人の状況を見極めて決めましょう。
最悪の場合、赤ちゃんもお母さんも命を落とす危険性があります。

 

高齢出産者が現在は多くなっているので、
「あの人も平気で生んだんだから自分も大丈夫!」と客観視せずに、
しっかりと医師と相談をしてから決めるのが大事です。

 

余り考えたくないことですが、
赤ちゃんが必ずしも元気で生まれてくるとは限らず、
もしもの時のために、小児科が併設されている病院で出産をしたほうが、赤ちゃんも安全です。

 

助産院のように、トラブルに弱い施設で初産の人が出産するのは、かなりリスクが大きいと言えます。

 

費用の面では大きなメリットがありますが、
安全性の面では、デメリットばかりが目立ちますので、
やはり助産院を選ぶ場合は、
医師に助産院で出産をしても大丈夫か
一度相談をしてみることが大事です。
更に、双子の場合は、助産院でも取り扱いをしていないケースがほとんどなので、
双子の場合は産院での出産をお勧めします。

 

 

⇒今すぐお金を工面したい

 

 

 


デキ婚後に借金や貯金ゼロが発覚した場合!

最近とにかく多いデキ婚ですが、結婚を決めた後になって、ようやく相手の借金や貯金額が発覚することが多いです。

 

そういう相手に当たってしまった場合、妊娠の喜びが一気に不安へと変わっていきます。

 

女性自身が働いている場合、いつかは産休に入らないといけなくなってしまうので、男性だけのお給料でやっていくことになります。

 

しかし、男性のお給料が低く、貯金もなく、借金返済もしているような状況になった場合、出産費用を貯めるのは非常に難しい問題です。

 

やはり借金持ちの場合は、まずは子供が生まれてくる前に、一度債務整理で返済金を少しでも減らすことを考えましょう。

 

230万円の借金も150万円に減らすことができた人もいますので、
まずは債務整理で借金を減額し、返済が楽になった分で、
少しでも多く子供のための費用をこれから貯金していく必要があります。

 

家族が出来て本気でやり直したい人は、債務整理が有効です。

 

また、貯金が出来ない人は、貯金用の口座を作り、毎月自動引き落としをしてくれる積立貯金をするのが◎。

 

貯金が出来ない人は、貯金用の口座を持っていないケースが目立ちますので、
まずは貯金用の口座を持っていない人は、結婚を機に作ってみるようにしましょう。

 

積立貯金を利用すれば、知らない間にお金がどんどんと貯まっていきますので、非常に便利なサービスです。

 

借金や貯金がない人は、まずはこれまでの悪いお金の流れを断つことが大事です。

 

子供が生まれてくる時に、心を入れ替えて、お金が貯まる正しい生活に戻すことが大事です。
特に借金の返済額が大きい場合は、すぐに司法書士などに債務整理の相談に行くのが吉。
金額が大きい借金は、放っておいて改善するものではありません。

 

長期にわたって返済をしても、なかなか減らない人の場合は、絶対に放っておいてはいけません。
結婚をして子供が出来れば、男性が潰れてしまった場合、奥さんと子供も一緒に巻き添え食らいます。
家族に本当の意味で迷惑をかけたくないのであれば、やはり早めに奥さんに相談をするのが正解です。
特に金融事故の記録が残った場合、クレジットカードやローンの審査が全く通らなくなってしまいますので、
マイホームを検討している人などは、かなり大きな影響となります。

 

しかし、借金を抱えての育児は大変になりますので、まずは債務整理の相談が大事です。

 

 

全身脱毛 料金


お金を借りるなら

アコム

 

詳細はこちら

 

アイフル

 

詳細はこちら

更新履歴